1. ・・
2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキン グ  へ
--:--  |  スポンサー広告

2007.03.10 (Sat)

蔵で仕込み体験 in 佐原

先週のつづき・・・

昨年、蔵見学に訪れた千葉県佐原・東薫酒造さんで、仕込み体験ができるということで、日本酒おばかさん3名(ごめん。あえて“おばかさん”と書かせて頂く)と佐原へ。

今日は仕込み体験以外にも、予定が盛りだくさん。

仕込み体験
東薫及川杜氏の蔵見学会
■懐石料理「そう馬」料理長の料理と、及川杜氏が醸す「大吟醸 叶」の名工コラボ昼食
佐原の山車をみる

これらは千葉の観光推進イベント「ちばデスティネーションキャンペーン(DC)」の一環で開催された催し。


佐原駅に到着すると、観光客で駅が賑わっている。
さすがキャンペーン期間!とうなずくばかり。


朝10時からの蔵見学会に間に合うように、一路、東薫さんへ。
みんなを蔵まで道案内するつもりが、いつも車でしかきたことないので、千葉銀行の前で(ローカルな話題だな~)道がわからなくなってしまい、違う方向へむかいそうになった、その時っ!

「あっちだよ~!」 

どこからともなくうちらを呼ぶ声がっ。

みると、目の前を走る軽トラから、おじさんが叫んでいる。

「あっちだよ!」

左腕を大きく振り回してる。

あっちって・・・しかもうちらがどこいくかわかってるんだろうか・・・

「うちら、東薫さんいくんですが~」

というと、おじさんは、わかってるよ!といった顔つきで

「あっちだよ!!」と左腕を大きく振り回した。

なんでうちらが東薫さんに行こうとしていたのがわかったのか。
よっぽど酒おばかっぷりが染み出していたのか。

いまだにその謎は解明されてないままだが、とにかくおじさんの言うとおりに歩いていったら・・・到着した。



10時からの蔵見学会には多くの人が集まっていた。

及川杜氏におめにかかるのは、昨秋の東北飲んだくれツアー以来、半年振りになる。
及川杜氏にあおられるように食べた、わんこそば69杯が、今も脳裏をよぎる。


まっ、そんなことはどーでもいいとして
IMG_4894.jpg

及川杜氏プレゼンツ蔵見学会スタート。

蔵は昨日、甑倒し(絞りなどの作業は残っているが、今年の仕込みは終了)を終えて、落ち着いた雰囲気に包まれていた。

IMG_4895.jpg

昨日まで、毎朝酒米を蒸していた和釜。
その前を通るうちら。
IMG_4899.jpg



蔵内の見学の最後はしぼりたての
IMG_490601.jpg

どんだけうまかったのか。
それはこの画像を見て頂ければ、感じることができるでしょう。



さて、うちらは午後からの仕込み体験も申し込んでいたので、それまでの間、予約した「名工コラボ」の昼食を済ますことに。


蔵から徒歩5分のところにある「そう馬」で懐石料理と大吟醸「叶」を楽しみました。
IMG_4907.jpg


こちらが及川杜氏と、そう馬料理長さんと女将さん
IMG_4918.jpg


【坂東太郎の幸 DCあやめ懐石】
IMG_4910.jpg


先付-わさび菜おひたし・京揚げ・一味辛子
IMG_4909.jpg


地大根年輪・梅人参・鶯菜・うぐいすあん
IMG_4913.jpg

綺麗なうぐいすあんに、煮物に適しているという春大根。
なぜ、年輪なのか。それは

IMG_4917.jpg

大根がかつらむきされて調理されているのであります。
手が込んでます

お造り-カルパッチョ・めかじき鮪燻製・帆立・サーモン・春野菜いろいろ山葵ソース
IMG_4916.jpg


炊合せ-桜花長芋・信田巻・青蕗・菜花・百合根
IMG_4914.jpg


焼肴-むつ西京漬け・わらび餅・昆布巻
IMG_4912.jpg


温物-さわらっこいも饅頭・亀甲あん
IMG_4915.jpg


お食事-汁物と筍炊き込み
IMG_4920.jpg


デザートには、地元特産の紅あずま(さつまいも)のアイスクリーム


そう馬」での昼食を堪能したあとは、いよいよ「仕込み体験」。

及川杜氏からは「櫂入れくらいだよ」といわれましたが、いいんです。櫂入れ、十分です。


午前の見学会とは参加者層がガラリとかわり、まわりはなんと、外国人さんばかり。

日本語、英語、なんちゃら語、いろんな言語が飛び交う中、及川杜氏からの説明をうけ、みんなで櫂入れ体験です。
IMG_493401.jpg

IMG_493501.jpg

もっと、櫂棒に抵抗が伝わってくるのかと思ったのですが、予想よりも抵抗がありません。抵抗がない代わりに、腕だけで棒を動かしてしまいがちですが、それだと、思うように棒を操れません。
やはり、“腰”を入れなくてはですね。

IMG_4893_1.jpg

酒造りの時には唄をうたって、昔は時間などを計ったり、単調な労働に飽きないようにしていたそうで、そんな話を聞いたもんですから、杜氏に「唄ってくださ~い!!」と懇願。

はじめは断られていた杜氏ですが、うちらの願いを聞いてくださって、なんと、南部流の仕込み唄を唄ってくださったのであります!

杜氏、いい喉してらっしゃいます。
櫂入れ体験、一気にリアリティーが増しました。
そして、外国人の方も、歌詞はわからないにしろ、鼻歌のように歌いながら櫂入れを続けてらっしゃいました。

ん~、国際交流!

これに一番驚いたのは、この外国からのお客様達をエスコートしてきた、JRの方。
「何回も引率してきてますが、杜氏が歌ってくださったの、今回初めてですよ!」

あとで杜氏にお話を伺ったところ、今では歌える蔵人さんも少なくなってきているという。
時代はかわっても、受け継がれていってほしい文化だと思うのであります。


櫂入れを終え、佐原の町にでると、佐原の山車が街のあちらこちらで発見。
普段は佐原の大祭と秋祭りだけ出るという山車も、今回のキャンペーンで、本日だけ特別に6台だけ、街にでていました。

IMG_4942.jpg


IMG_4946.jpg

それぞれの町会毎なのでしょうか。
衣装もそれぞれに異なり、山車の前で披露する踊りもそれぞれ違うのです。
IMG_4950.jpg

ただ、共通していえるのは、若者が多いということ。
地方の祭では、若者が離れていってしまうということも聞きますが、ここの祭は違いました。若者が多く参加している。しかも嫌々感がまったく感じられない。
これには驚いたのと同時に、地域の文化芸能はこうやって受け継がれていかなくてはならないと、改めて感じたのであります。

IMG_4954.jpg

結局1日どっぷり佐原を満喫しました。

帰りはboxシートだろうと予想し、みんなで酒を買って車両にのりこんだら・・・
横に一列に並ぶシート。

女4人、横一列で酒のんで帰路についたのであります。

スポンサーサイト
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : 日本酒 - ジャンル : グルメ

タグ : 佐原 東薫 そう馬 黄綬褒章 及川杜氏

23:55  |  日本酒  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2012.09.18(火) 00:06 |  |  【編集】

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2012.04.26(木) 08:16 |  |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2007.06.08(金) 17:44 |  |  【編集】

そう馬様
コメントありがとうございました。
返信が遅くなりまして申し訳ございません。
掲載の写真でよろしければご使用くださいませ。
もしメールアドレスをお教え頂ければそちらにお送りすることも可能ですので、コメントにメールアドレスを入力後、下の「SECRET」にチェックをいれ、管理者だけに表示を許可するにして送信してくださいませ。

もしご不明な点がございました、
http://blog.goo.ne.jp/ojatan/
こちらのブログにコメント頂ければ、こちらのブログより早くお返事できると思います。

宜しくお願い致します。
ojaたん |  2007.06.05(火) 00:27 | URL |  【編集】

いつもお世話になっております。
懐石そう馬でございます。
先日は現代の名工コラボで弊店をご利用いただきまして誠にありがとうございました。
その後、おじゃたん家様のブログを発見し、拝読いたしました。

仲良しのお友達と、和気あいあいと活動なさっている様子が伝わってきて、
読んでいるこちらも楽しくなってくるような、素敵なブログですね。

また弊店のことも書いていただき、
ありがとうございます。
お料理もお気に召していただけたようで
この上ない喜びでございます。

さて、実はおじゃたん家様に折り入って
お願いがあるのですが、
よろしかったらおじゃたん家様のお撮りになった弊店の写真画像を、
弊店のホームページに掲載させていただけないでしょうか?
きれいに撮れてる写真なので、できたら
使用させていただきたいのです。
よろしくご検討のほど、お願い申し上げます。

それでは、おじゃたん家様のご健康と
益々のご発展をお祈り申し上げます。


そう馬 |  2007.04.26(木) 23:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ojatanchi.blog88.fc2.com/tb.php/54-33ca004c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。