1. ・・
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキン グ  へ
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.21 (Sun)

ふきのとうみそ

千葉の方では2月下旬頃から出始めた ふきのとう

我が家の小さい庭にも時期になると、ちらっと顔を覗かせますが収穫量が少ないので、大体は同じく庭で元気に育つ八丈島からやって来て数十年になる明日葉と一緒に天ぷらとなって、食卓に登場します。

ゴールデンウィークの頃には、母実家の青森からどっさりと天然物を送ってもらい、ふきのとうみそを作ります。

青森では(あと秋田などを含む東北の一部では)ふきのとうを⇒ばっけ といいます。


ふきのとうみそ ⇒ ばっけみそ

となります。


以前、ブログにばっけみその作りかたを載せたところ、作ってみた、美味しかったと感想をいただいたことがあり、それから時期になると、ばっけみその作り方を何度も載せているのですが(笑)

今年も同じく。


(以下、ばっけみその作り方)

ちなみに我が家では2種類の「ばっけ味噌」を作ります。

ひとつは生の「ばっけ」を使い苦味をかなり残したタイプでこれは私が大好き仕様。
もうひとつは下茹でした「ばっけ」を使います。ほのかに苦味が残るタイプでこちらの方が人気があります。
ということで今日は「みんなに人気」のタイプの作り方です。

(レシピはお好みに合わせて分量を増減してくださいね)

材料
ふきのとう(ばっけ)250g位に対し、味噌50g、みりん大さじ2、油大さじ2、ゴマ油・砂糖適宜


作り方
1.ばっけを水で洗います。
2.鍋に熱湯を用意し洗ったばっけをいれて下茹でします。
3.茹であがったら水にさらしゴミをとります(水は2度程とりかえて)
4.水をよく切ったばっけをみじん切りにします。
5.フライパンにゴマ油を入ればっけをいためます。

b01

6.鍋に油(サラダ油でも菜種油でも)を入れそこに分量の味噌・みりんを加え油となじませます。

b02

7.焦がさないようにかきまぜて味噌が「フツフツ」してヘラから「ポテッ」と落ちる位になったらいためたばっけをいれます。

8.全体がなじんできたらこの時点で味をみてお好みで砂糖を加え味が整ったら出来上がりです。

b03

田楽みそのかわりにしたり、焼いた鶏肉につけたり、ご飯のうえにのせてみたり、いろんな食べ方で春の香りが楽しめます。


という感じです。

スポンサーサイト
人気ブログランキン グ  へ
02:37  |  うちごはん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ojatanchi.blog88.fc2.com/tb.php/384-43046527

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。