1. ・・
2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキン グ  へ
--:--  |  スポンサー広告

2010.02.19 (Fri)

NASAからの手紙2

山崎さんが搭乗するスペースシャトル『ディスカバリー号』の打上げが4月5日に延期になったことが決定した同日、その手紙は届きました。

NASAからの手紙 第二弾


家族がポストから取り出し、机の上に置いててくれました。


が・・・何か、おかしい。


封筒が開封されている!
(まさか、母が開封したのでは・・・)

疑いの目を母に向けると、即答!「お母さん、開けてないっ!」とサスペンスドラマで一番初めに犯人に間違われる役のような、迫真の表情。


確かに。

故意に開封したのなら、はさみやカッターで切ったあとや、糊付け部を開ける等、何かしら形跡らしきものが残っていてもおかしくないが、そのような形跡は見当たらない。

むしろ、
封筒についてる(切手などの水で濡れると貼れる)接着部分はきれいなまま。


もしかして、封し忘れ?

もしそうだったら、アメリカから日本へ長距離郵送。
中身が紛失している可能性もある。国内ではあるまいし、むしろ可能性は高い!


即、JAXAさん等関係先に問合せをした結果。
中身は1つの紛失もなく無事に手元に届いたようでホッとひと安心。


それにしてもこの手紙、よくも長い距離開封されたままだたのに、無事に手元
に届いたものだわ~。


そう思うと、だんだんこの手紙が神々しくもさえ思えてきました。

そして、この手紙をここに

奇跡のてがみ

と命名するのであります。


勝手な解釈ですが、打上げ延期になった同日に偶然配送された手紙。


ありがたく、奉っております(笑)

今回もJAXAさんからの日本語補足書類が同封されているおかげで、お手紙の内容、確認することができましたが、英文書類については、全く読めず。

しかしそれが、私の勉強意欲に火をつけるといいましょうか。
(まぁ、その火も持久力がないのが弱点なのですが)



[余談]
その後、英会話の先生とお会いすることがあったので、英文と和文の照合
と一緒に、封筒の謎に迫りました。

その結果、封筒の糊付けは一度されているようだけど、紙質の関係と、
糊部の水分量等の関係から、簡単に、自然に、ペリペリッとはがれてし
まったのではないかということ。

アメリカではたまにそういうこともあるとかないとか。


おおらかだ、アメリカ。
スポンサーサイト
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

02:35  |  スペースシャトル  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

ありがとうございます

>cowboymasa さま

はい!ありがとうございます。

養命酒ですね。手足が温まりますよね。

+日本酒パワー
+乳酸菌パワー

で、がんばります!!
ojatan |  2010.02.20(土) 21:35 | URL |  【編集】

大丈夫でしょうか?????

お疲れ気味?養命酒お勧めします!!!!

お体大切にv-271
cowboymasa |  2010.02.20(土) 08:09 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ojatanchi.blog88.fc2.com/tb.php/361-6c41682f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。