1. ・・
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキン グ  へ
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.19 (Thu)

おつかれさま~ これからよろしくね~

ほつれ気味になって数年。何度も取り替えようと思いながら、なかなか替えることができなかった

お財布をっ
ついにっ!

取り替えることにしました。
IMG_8123.jpg
(上)今回現役を引退する、財布さん
(下)今春より活躍が期待される、財布さん

深い茶色のベテラン財布さん。使い始めてかれこれ14年。
ピッカピかに輝いていますが、実ははじめはこんな色ではなかったのです。

元の色に近い部分です

IMG_8126.jpg
内部でも物の出し入れをしているので多少、色の変化はあったと思いますが、外側のそれはまるで違う革のよう。

IMG_8125.jpg
ご覧のように、リップクリームの柄が反射してうつっています。
反射次第では、顔の表情もうっすら分かるくらい、うつります。

この財布のメーカーはCOACHなのですが、今のラインナップになる前の品物です。
内部も布が使われず、全て革。
個人的にはその頃の商品が好きで、この財布もどうも手にしっくりくるのです。

一度、新しい財布にしようとCOACHのショップを訪れた際、この財布をみた店員さんが
「このテリは磨いたんですかっ?えっ、磨いてないんですか!出そうとしてもなかなかでないですね」

そう、このテリ、特別に磨いたりなんだりしていません。
毎日毎日、私が使い続けた、それだけなんです。

「心底気に入った財布がなければ使い続けられた方が」と商売っ気のない店員さんでしたが、それからまた数年の歳月を経て、折り曲げ部分の糸がほつれ、革も一部擦り切れてしまって現在に至る、ベテラン財布クン。


同じセリフを新人財布クンを買いに行った土屋鞄の方にも言われ、予想してないことで褒めていただき、
ベテラン財布クンの最後の花道を飾ることができました。

よかったね。ベテラン財布クン

なんて打ってたら、なんだか、目頭が・・・(T_T)

IMG_8127.jpg

14年間使い続け、ojaの傍らに寄り添っていてくれたベテラン財布クン。
長い間、本当にありがとう。

土屋鞄の方に言われたように、これからはカビがはえないように、大事に保管するからね。


そして、新人財布クン。

どうも私の手は「マジックハンド」のようで、自然とテリがでる何か秘薬が手からにじみ出ているようですから、キミも数年後には・・・

どうぞ宜しくね
スポンサーサイト
人気ブログランキン グ  へ
01:46  |  ちょっと話  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

>にょろ様

蕎麦打ちネタが乏しくなってしまい、ごめんなさい。

試験後から、蕎麦粉の割合が多くなり、蕎麦打ちが難しくなりました(笑)

なので打った蕎麦の写真は当分掲載できないかもです(大笑)

写真なくても蕎麦日記は更新していきたいと思います。
ojaたん |  2009.03.22(日) 08:58 | URL |  【編集】

Re: こんにちは

> うさこさま
小学校2クール分と+2年使ってしまいました。
たかが財布、されど財布。毎日使うものですから、やはり気に入ったものを選びたいですよね。
ojaたん |  2009.03.22(日) 08:55 | URL |  【編集】

こんにちは

まるで、小学校の卒業式のあとのランドセルのようですね。卒業おめでとう!と言う感じ?
でもあれは6年。ojatanさんのお財布は14年!
いい色ですね。
私もお財布探し中。
昨年の秋頃から探していますが、まだまだこれと言う子に出会えません。
頑張って探します♪

oomimi_usako |  2009.03.20(金) 10:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ojatanchi.blog88.fc2.com/tb.php/279-8b13f172

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。