1. ・・
2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキン グ  へ
--:--  |  スポンサー広告

2009.03.19 (Thu)

正真。深大寺蕎麦

今後開催予定のワークショップの打ち合わせで、調布・深大寺へ。

初めての深大寺。

調布からバスに乗って約12分、「深大寺小学校」というバス停で降りると目の前がその、「深大寺小学校」

IMG_8117.jpg

門柱といい壁といい、趣があるんだろ。

小学校の脇には
「6月と9月には蕎麦の白い花がみられます」と看板がたってる空き地があり、どうやら小学生たちが蕎麦を栽培しているようだ。

小学校沿いの坂道をくだると、そこは深大寺の門前。
名物の蕎麦店が隣接している。
IMG_8120.jpg

「今度は隣のお店いきましょ」なんて話しながら歩くお客さんもチラホラ。

今日はその中でも深大寺入口のすぐ向かいに店を構える「そばごちそう門前」さんに伺った。

6月に予定しているワークショップで、深大寺蕎麦を取り上げようということになり、こちらのご主人・浅田さんに深大寺そばの歴史等のお話をして頂こうということで、本日は改めてそのお願いに伺ったというわけだ。

詳しいという言葉では足りないです、浅田さんの深大寺蕎麦に対する情熱は。
詳し・・いやっ、浅田さんは深大寺そばを愛してる!!
愛してやまないという熱意がバンバン伝わってくる。
そして本当に研究熱心な方だという印象。

その熱意の表れが「正真の深大寺蕎麦」ということで、休耕地を借り、蕎麦栽培を始めたり、今度住職になられた深大寺のご住職様と蕎麦会を開催したりと、それが十数年続いていらっしゃるという。

「この土地で十年栽培が続けば、深大寺蕎麦とうたってもいいでしょう」と信州大学の教授のお墨付きをもらった深大寺蕎麦。

(ちなみに栽培している深大寺蕎麦の収穫量はまだまだ少なく、一般に出回る程の量はない。深大寺蕎麦は、深大寺での催し物で使われるのが主で、あとは種蒔きや収穫の参加者が口にできるか、どうか…といった感じらしい。種蒔きや収穫は調布市民はじめや一般の方も参加できるそうだ)

蕎麦栽培といえば、深大寺小学校脇の蕎麦栽培のことを思い出し、浅田さんにお話すると、それも浅田さんが仕掛け人というから、思わず(笑)。

IMG_8121.jpg
途中で女将さんもお話に加わったり、門前そばさんのメニュー、そばしふぉん(商標登録)を頂きなら、蕎麦そのものの蕎麦談議から、ヘミングウェイ、ミレー、松本清張、大岡越前という偉人たちまで登場する深大寺蕎麦の話まで、話はつきず、気がつけば20時半。

入店から5時間が経っていた。。。
スポンサーサイト
人気ブログランキン グ  へ
01:22  |  蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ojatanchi.blog88.fc2.com/tb.php/278-2cb69fa2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。