1. ・・
2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキン グ  へ
--:--  |  スポンサー広告

2008.11.08 (Sat)

調査同行

闇夜に浮かび上がる毘沙門堂の続きです。

さてこちらの毘沙門堂、ここはどこかといいますと・・・

浦佐

上越新幹線で東京から2時間弱、新潟県南魚沼市浦佐でございます。


旅行~ではないので、ではお仕事~なのかというと、完全にそうともいえんのですが・・・

今回はとあるミッションの現地調査に同行、浦佐を訪れたのであります。


さてこちらは、昼間の毘沙門堂
毘沙門堂
色づいた葉がはらはらと舞い落ち、冬の気配を感じる今日この頃でございます。


ちょうどこの日は浦佐菊まつりが開催されており、境内は見事な菊の花で彩られておりました。


とても静かな毘沙門堂ですが、3月には日本三大奇祭のひとつに数えられる越後浦佐毘沙門堂裸押合大祭が開催され、大勢の参加者や見物客で賑わうそうです。

なんでも、水行参拝といってこちらの
毘沙門堂2
お清めの水の中に裸の男衆が入るそうで・・・

聞いてるだけでブルッとしてしまいますが、境内でお茶を振舞ってくれた浦佐商店街・玉屋菓子舗のご主人曰く

「水に入ると、寒くないんだよ!風邪だってひかないから」とのこと。

今でも祭りに参加する男衆は2週間前から毎晩、このお水を浴びるそうですが、ご主人が現役の頃は3週間前からお水を浴び、牛や豚などの動物性の食品は一切食べないで祭りを迎えたそうです。

勇壮なお祭の様子はコチラの動画から見ることができます。

ぜひ完全防寒装備で見物に行ってみてはいかがでしょうか。


------------------------------------------------------------

さて引き続き周辺調査で訪れたのは、浦佐から車で約1時間
奥只見
奥只見湖。映画「ホワイトアウト」のモデルになった湖だとか。


奥只見湖へは奥只見シルバーラインを通って行くのですが、

湖にたどり着くまで、ほぼトンネル!

どこまでいっても、トンネル。

このまま脱出できないのではないかと思うほど、細く長く続くトンネル。


このトンネル道、動画で撮影したらそれはそれで楽しいのではないかと思いながら運転していたのですが、検索してみたところ・・・ありました。発見してしまいました!

それでは、今ブログをご覧の皆様もぜひ、閉塞感タップリな奥只見シルバーラインのトンネル風景をお楽しみくださいませ。

奥只見シルバーライン(1/2)
http://jp.youtube.com/watch?v=uLbqbjXQrKs&feature=related
奥只見シルバーライン(2/2)
http://jp.youtube.com/watch?v=3FMwq514bW0&feature=related
2部構成のようであります。

奥只見湖2
湖周辺の木々は葉を落とし、湖奥の山頂にはうっすらと雪が見られ、今にも雪が舞い落ちそうなそんな空模様です。


今年もあと2ヶ月、まもなく白銀の季節を迎える新潟よりお伝えいたしました。





スポンサーサイト
人気ブログランキン グ  へ
22:42  |  ちょっと話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ojatanchi.blog88.fc2.com/tb.php/211-031aa12f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。