1. ・・
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキン グ  へ
--:--  |  スポンサー広告

2008.09.22 (Mon)

豆漬け

母の実家でよく食べた漬物(?)です。


豆漬け
豆漬け1
(左が漬けたもの 右が茹でただけのもの)

茹でた枝豆を皮ごと、一夜漬け器で塩水に漬けます。
2~3日すると、酸味が出てきてできあがりです。

中の豆だけを塩水漬けにしたら・・・酸味はでないのかな?

醗酵するキーはやはり“皮”にあるのか?

あの“ケバケバ”に醗酵を促す「何か」があるのか?

ともあれ、小さい頃から田舎に行くと食べたなつかしの味です。



豆漬け2
(上の写真と同じ)

漬けると色が黄色っぽくなります。
ちなみに今日の枝豆は黒豆の枝豆でして、おばが送ってくれたものです。


そういえば昔は茗荷が一緒につけられてたと記憶にあるのですが(もしかして、茗荷好き一家!?)

母にたずねてみると、
「茗荷は塩水の塩分の微妙な差で溶け出しちゃうから難しいんだって。毎年同じというわけにもいかないしね、かあさん(私のおば)が作らないとね~」とのこと。


なるほど、技だね~


小さい頃から口にしてたので、簡単に作れるものかとおもいきや、工程は単純であってもそこには数値では表せられない微妙な“さじ加減”があるんですね。

去年、この塩分だったから今年もというわけにはいかないようで。
気候や茗荷の出来などで、あとは作り手の“勘”が頼りとなる。


ん~、かっこいい!!
スポンサーサイト
人気ブログランキン グ  へ
06:56  |  田舎の食べ物  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ojatanchi.blog88.fc2.com/tb.php/180-9758990b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。