1. ・・
2008年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキン グ  へ
--:--  |  スポンサー広告

2008.05.30 (Fri)

本日は2部構成でお送りします。

今週2度目の来店 蕎麦店“A”

一説によれば、私は店に住み着いてるのでないかとの噂もあるとか、ないとか。
(店奥左側の小扉がおじゃたん家の出入口だとか・・・)


さて、本日は訳あって2部構成であります。


<第1部>
「○○の蔵元さんが金曜日の早い時間にいらっしゃいますよ」とつい一昨日ききつけた、おじゃ。

しかし蔵元さんが来る時間はバリバリビジネスタイム!

でも、先日も某フェアでお世話になったお礼を言いたいし、S姉さんも来るっていってたけど、その時間から飲むのは・・・う~ん。

で、考え抜いた結論!


①まずは○○蔵元さんがお店にいる時間に挨拶だけでも行ってくる!
ということで、18時の時報と共に「ちょっと出てきます。ことと次第によっては夕飯食べて戻ります」と保険をかけつつ会社からダッシュで30秒、蕎麦店Aに到着。

お礼を伝えてちょっとお話をし、店主のMさんと話をしていたら、S姉さん到着。

あ゛~っ。雰囲気で飲みたくなってしまった。

ということで、味見程度です。味見。
ほうらい


ほうらいスペック


日本酒度数と酸度数をブラインドで当てるという簡単なクイズに挑戦してみたのですが、これがどうしてどうして。こんなに酸度が高いとは思わず、両方とも不正解に終わる。。。勉強不足です。

でもこれで、数値はあくまでも目安という言葉にも納得しつつ




こちらはS姉さんの肴 そら豆の天ぷら
そら豆のかき揚げ

あまりに美しい様子だったので、携帯におさめました。


味見だけが本腰据えて飲み始めてしまいそうだった気持ちを断ち切り!!
一旦、会社へリターン。


「今日は茨城産の蕎麦粉が入ったので、太打ちにしてみたから」と店主Mさんの言葉が心に刺さる。

「あ・・あとで来ますから~。。。残しておいてくださいぃ」


パチカチパチカチ・・・(PCたたく音)
ピッ、ピッピピピッピ・・・(電話の番号押す音)
ピーヒョロヒョロヒョロ・・・(FAX)
カッ、カカカッタタッ・・(電卓たたく音)
ムシャムシャ・・・(ピノ食べる音)

21時、無事終了~。


そして今度は徒歩1分で到着

S姉さんは別件があるため、すでに帰られてたので、
たこ柄のお調子
カウンターで本日も“おじゃの食卓”開宴。
先ほどの蓬莱をお燗で。お燗でも酸はしっかり感じられます。ライト酸ではない、しっかりとおちついた酸がまたこれと合う↓


手羽先の山椒煮

手羽先の山椒煮

チョイ甘辛煮に山椒のピリッとがアクセントになって、うまぁい。


こちらはコップで豪快に
コップサケ

※注意:中身は水です。
コップで飲んでみたぁい。夢です。


コップ酒セット

題して「コップ酒セット」
茹でそら豆に、穴子のにこごり、自家製わさび漬け。
特にこのわさび漬けがいい。程よい辛味と酒粕の塩梅がいい。


太打ちそば

香りが立ち、かむと甘味が広がる。
滅多にしない当店の太打ち。希少な一品。



これじゃ、住み着いてるといわれても仕方ないかも。。。
人気ブログランキン グ  へ
スポンサーサイト

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

23:10  |  蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.29 (Thu)

ふたたび ダブったデー

先日のごーやちゃんぷるーデーに続きまして、本日ダブったメニューは“カレー”


お昼:インドカレー屋さんで、野菜カレー・豆カレー・ナンのセット
セットのサフランライスははじめから盛り付けないようにお願いしたもの。

以前、サフランライスを残してしまった時に「ナンデ、ノコシチャッタノ!?グアイ、ワルイノ?」と言われ、先日も「ダイジョウブ?オナカイッパイニナッタノ」とまるで小学生に語りかけるかのように心配されてしまったので、はじめから遠慮させて頂いております。

なんてったって、ナンがすこぶる巨大なもので、サフランライスに着手できないのであります。
(写真は次回に)



その日の晩。

玄関開ける前から漂う、オリエンタルでスパシィーな香り。

うちのカレー

我が家もカレーでした。

今日はチキンカレー&玄米



今度は何のメニューでダブるか、今から楽しみでなりません。
人気ブログランキン グ  へ
23:09  |  うちごはん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.29 (Thu)

某蕎麦店Aにて

「今日か明日、蕎麦店“A”に行く?」S姉さんからのメールを受け、
どちらかといえば「今日行きます」と返事をし、急遽蕎麦店“A”で合流が決まった今夜。

丸ビルホールでのセミナーを終え、蕎麦店“A”へ直行!


飲んだお酒は
白瀑 山本(黒バックのドッチリした金文字ラベル)
・有賀藤<燗>
あと・・・思い出せない_| ̄|○


◎肴

冷たい茄子の煮びたし
茄子の煮浸し


エゾジカのトマト煮
(えっ、ここは北海道料理店?   いえ、蕎麦屋です)
エゾジカのトマト煮


〆の卵とじそば
(最近、さむいのでやはり温かいものにむかってしまいます)
卵とじそば



そして神田の夜は更けていく・・・
人気ブログランキン グ  へ
00:09  |  蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.27 (Tue)

あら!千代ちゃん肉みそ

以前、友人宅で宴会をした時にIさんが持ち寄られた“ある食品”に魅了されてしまった、私。

今回、取り寄せると聞き早速私もオーダーお願いしました。

その食品とは!
肉みそ

宮古島からお取り寄せ

Iさんが取材で訪れた宮古島で出会った「あんまー」が作る
『あら!千代ちゃん肉みそ』
ネーミングもだが、パッケージもインパクトがある。

衝撃波が走りそうな色使いやロゴ。
千代ちゃんの笑顔が重要なポイントとなっている。


油は一切使われておらず、豚肉やピーナッツ、宮古味噌や手作りの黒糖など、厳選された食材で作られているという。
肉みそ2

これがまたちょっと甘くてコクがあって、ご飯の箸休めにも、お酒のお供にもいい塩梅なのである。

しいて言えば、チャーシューまんの具に似た味がする。

今日は届いてすぐだったので、ご飯の箸休めにチピチピなめていたが、近いうちに花巻(中華まんの皮の部分だけの饅頭)を作って、はさんで食べてみたいと思う。


(詳しくは・・・BE-PAL増刊 『b*p』Vol.6 98ページに掲載)
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : お勧めお取り寄せ商品 - ジャンル : グルメ

00:09  |  たべもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.26 (Mon)

ごーやちゃんぷるデー

本日の夕ごはんは
ゴーヤチャンプルー

ごーやちゃんぷるーでした。

ちなみに昼ごはんも
ごーやちゃんぷるーでした。

ちなみに別々にお昼をとった同じ会社の方も昼ごはんも
ごーやちゃんぷるーでした。

本日は、ごーやちゃんぷるー度数が高い日だったようです。


これは
きぬさや

夕ごはんに食べた、きぬさやのおひたし。

先日、母が親戚の畑から思う存分収穫してきたきぬさやです。

やはり売っているものとは“ハリ”が違います。
バリシャキしてておいしい~。


とてつもなく普通の生活なブログでした。
人気ブログランキン グ  へ
23:55  |  うちごはん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.26 (Mon)

出産祝いは日本酒で!

日本酒仲間のひとりが女の子を出産し、気候も暖かくなってきたということで、赤ちゃんお披露目と出産祝いをかねて、久しぶりに集合!

恒例の
持ち寄りグルメ

お持ち寄り会となりました。


お酒ももちろん、お持ち寄り。

一白水成 特別純米 袋しぼりたて無濾過生原酒
一白水成

車の窓をあけて新緑の風が吹き抜けていく~そんなさわやかな光景が思い浮かびました。
口に入れた瞬間から喉をすぎるまで変わらぬさわやかなイメージ。

天虹 純米 無濾過生原酒 と 華鳩 貴醸酒8年古酒
天虹と華鳩貴醸酒

天虹は口に入れた瞬間はソフトな感じだなと思っていると、舌中から奥にかけて重みといいますかビターな感じがあります。
物腰のやわらかい大人の女性かと思いきや、実はとても強い女性で気がつくと説教されてる、という印象。確かなのみごたえが欲しい人向きかと。

華鳩 貴醸酒はデザートに。ハーゲンダッツバニラアイスにかけて頂きます。
天虹と華鳩貴醸酒 スペック


神亀 純米 上槽中汲 仕込第58号
神亀 左

こちらは本日、会場提供されたお仲間さんが純米酒ファンドをしており、それで配当されたお酒
神亀 右

まだシュピッチュしていて、程よい酸味が舌まわりをクルクル。小さい校庭の運動会のように駆け巡っています。

南部美人 All Koji
all麹

全て麹米で仕込んだお酒。
お持ち寄りしたお仲間曰く、「いちごと合うんですって」ということで
all麹にいちご

こんな感じに。
なんだか急にオッシャレ~な雰囲気になりました。
オッサン度数の高い、この会場が。


醸し人九平次 純米吟醸
醸し人九平次

醸し人九平次 スペック

一言 “ドライ”なイメージ
どっちり辛口という感じではなく、湿度の低い気温30度の陽気といった感じ。
とあるビールCMに使われていた鈴木雅之さんの♪Dry Dry 理屈じゃ~ない♪の曲が脳裏に流れたのは、私だけでしょうか。


どやどや、がやがや
下は赤ちゃんから、上はウン歳まで幅広い年齢が集まった会。

手酌でドンドン飲む人、ミルクをあげる人、爆睡する人・・・
思い思いのことをしながら6時間におよぶ宴は怪我人もでることなく、無事に幕をおろしたのでありました。
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : 日本酒 - ジャンル : グルメ

23:50  |  日本酒  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.05.26 (Mon)

“水そば”と“山菜”につられて 【本当に来ました編】

それは1本の電話からはじまった・・・

うちの会社で発行している某社のフリーペーパーに、毎号イラストレーターさんが取材に行った先の記事とイラストを掲載するページがある。

次号(か、その次号)で福島・山都町宮古の『水そば』を取り上げるという話になった。
(宮古地区の農家10数軒が自宅を蕎麦屋として開放し、名水「夢見乃水」で食べる『水そば』が名物となっている。)

たまたま以前から私が蕎麦絡みで交流のあった『元祖水そば なかじま』の唐橋お父さんがこの農家蕎麦屋を広めた方だったため、取材交渉などで唐橋お父さんに電話をかけた。


唐橋父「山菜もある季節だから、いいよ~。」
おじゃ「いつも3月に行ってるから、今の時期行ったことないんですよね~。いいなぁ山菜」
唐橋父「じゃ、おじゃちゃんも来たら?山菜、美味しいよ~」
おじゃ「いや~、何かお手伝いすることあれば、ねぇ・・・(あると言って!お父さん!!)」
唐橋父「うんじゃ、手伝ってもらうか。蕎麦打ちを(笑)」
おじゃ「蕎麦打ちは(汗)無理ですけど・・・お手伝いすることあるなら~(ヘヘッ)行こうかな~」


と“お手伝い”にかこつけて、会社を休み、水そばと山菜につられて、いざ宮古へ!
なかじま店先

春の『なかじま』さんははじめてかもしれない。

これまで何度か訪れたけど、秋の新蕎麦の季節や、3月の生粉打ち名人大会の時にしか来たことがなかったので、雪がなく、新緑や花々に囲まれた『なかじま』さんの風景は新鮮にみえる。
冬のなかじま


冬は雪で覆われた看板の下にある石像が今回は
看板下の石像

ちゃーんとみることができます。


さっ!!お父さん、お母さん!!何をお手伝いしましょか!!

といっても、今日は取材のために他のお客様の予約を取らなかったというし、お掃除も終わられたというし・・・

会社休んで行ったのであくまでもプライベートなのですが、とりあえず、取材で何をお話すればいいか、どのコースを出してもらったらいいかなど、一応お仕事チックなことの打ち合わせをし、あとは・・・


唐橋父「はい、蕎麦打つかね。おじゃちゃん、始めるよ」
といって、おもむろに蕎麦部屋に向かった唐橋お父さん。

お父さんの名人技をじっくり見学することができるなんて、なんて幸運なことでしょう。
なかじま蕎麦打ち

「宮古の蕎麦ははじめお湯を入れるんだよ。そのあと水をいれて・・・」と手際よく水回しをするお父さん。

テキパキ、テキパキ・・・かっこいい~っ!
その動きには無駄が動作がなく、微塵の迷いもない。これが、「素人」と「プロ」の違いだろう。

形ではなく、経過ではなく、状況に応じた打ち方。最終的にはいつも変わらぬ味を提供できる蕎麦に完成させるために打つ。

あっという間に延し→たたみが終了。
ほれぼれしながら眺めていたら、突然

唐橋父「はい、切ってごらん」

えぇーっ!!お父さんの前で!!使ったことない道具で!!
うわぁ~、プレッシャー

焦りまくる、私
なかじまoja蕎麦打

唐橋父「なかなか、いい筋してるよ~」と褒められ緊張しまくる、私

数束切ったところで緊張の限界に達し、お父さんに交代してもらいました。(背中に汗がぁ・・・)


急遽開催された「宮古のそば講習会」も無事(?)に終わり、気がつけばお昼時間。

先ほど打った蕎麦と(つれられた)宮古の味づくしのコースでお昼ごはんです。
なかじまにしんの山椒漬

自家製身欠きにしんの山椒漬(身欠きにしんはいつもいらっしゃる親戚の方が地元塩川の魚屋さんから買って来るというこだわりの身欠きにしん)

なかじまうどの油いため

山うどの油炒め

なかじま三五八漬

三五八漬

なかじまさしみこんにゃく

さしみこんにゃく(絶妙なやわらかさにはコツがあるそうです)

なかじまうどとにしんの炒め煮

山うどと身欠きにしんの煮物

その他
・わらびのおひたし
・根曲がり竹とさつま揚げの炒め煮
・天ぷら(山うど、かぼちゃ、なす、桑の葉)
 桑の葉って、お蚕さんが食べるあの葉っぱです。クセはありません。
 「明日になったら口から糸出したりして(笑)」と唐橋のお母さん。
 大丈夫です。糸は出しませんでした。

そしてメインの
なかじま水そば

水そば

もちろん自家製のつゆもあります(これがまた蕎麦湯入れると、美味しい~)


蕎麦の風味を感じるにはつゆにつけないで食べたほうがいい。
本当、そうですね。


でも、水であればなんでも言い訳ではないらしい。
お父さんは各地の蕎麦屋に行っても「旨い蕎麦だ」と思ったら、使っている水のことを聞き、その水だけを椀に注いできてもらい、水で蕎麦を食べ、水と蕎麦の相性がよければ『水そば』をすすめてくるという。


本当に蕎麦好きな方なのです。
(ご結婚されたきっかけも、蕎麦なのですから・・・このお話は後日)


水そばと山菜につられてやってきてよかった~。












人気ブログランキン グ  へ

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

04:00  |  蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.26 (Mon)

“水そば”と“山菜”につられて 【たどりつくまで編】

ひょんなことから、そばの里会津・山都町宮古に行くこととなり、毎度のことながらETC深夜割引(今なら4割引)を利用するため、朝3時に自宅を出発。

無事に朝4時までに浦和料金所を抜け、東北道を一路、福島へ。
郡山から磐越道を通り、会津若松に到着、朝7時。


宮古に行くにはちょっと早いし、眠気覚ましも兼ねて温泉にでも・・・
といって、こんな早朝から開いてる温泉なんて
大江戸温泉あいづ

あった! 『大江戸温泉物語 会津』


♪小原庄助さん、なんで身上つぶした? 朝寝朝酒朝湯が大好きで・・・♪
なんて名曲『会津磐梯山』にある一節のように、会津の方は朝湯が好きなのだろうか。


そういうわけではないと思うが、ともかく早朝営業があるというのは運転手にとってはありがたい。


庄助さんのように朝湯を浴び、朝寝と朝酒のかわりに
大江戸温泉あいづくつろぎ

朝マッサージチェアと朝牛乳で元気回復!!


まだ若干時間があったので、喜多方を通って宮古入りすることに。


観光客の多い喜多方もさすがに平日の午前中は客の姿も少ない

喜多方:馬車の駅

馬車の駅(馬車が出発してしまって、お馬さんの写真は撮れず)

喜多方:小原酒造

小原酒造

喜多方:金忠

味噌の金忠

喜多方:豆

金忠の隣・金忠の味噌で作る『味噌ソフト』が味わえる 田舎喫茶“豆”

味噌そふと

これが味噌ソフトクリーム

ほのかに味噌の風味がします。巷で流行っている「しょっぱあまい」の走りではないでしょうか。



喜多方から山を越えて山都に向かいます。

途中、紫色の花を多くみかけたのですが、しだれってたり、上向きに咲いてたりと異なる咲き方をしています。


しだれっている木
山都:藤の木

これは藤の木で
山都:藤の花

こんな風に咲いています。
藤の花といえば、棚になってる藤棚ばかりが藤だとおもっていました。


そしてもうひとつの紫色の花
山都:桐の木

これは桐の木で
山都:桐の花

こんな花が咲きます。

桐の木はこのあたりの名産で、桐は15年程で成長するので昔は女の子が産まれると桐の木を植えて、桐箪笥にしてお嫁入り道具にしたそうです。


春の山々は花盛りです。
先日食べたうつぎのはちみつの“うつぎの花”も実際にみることができました。
山都:うつぎ


花から蜜が吸えると聞いたので、花を取って吸ってみたのですが、そのあたりをブンブン飛んでる蜂にすでに吸われてしまっていたようで、蜜の味がしなかった・・・

その分、ミツバチが一生懸命おいしい蜂蜜を集めてくれていることでしょう。

(さぁ、いよいよ宮古へ



人気ブログランキン グ  へ

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

03:51  |  蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.26 (Mon)

全日本素人そば生粉(きこ)打ち名人大会 【会津・喜多方あたり紀行】

会津・山都町で開催された
素人蕎麦打ち段位大会(2段の部)に出場の蕎麦打ち仲間(といっても親と同世代)と
全日本素人そば生粉(きこ)打ち名人大会に出場の先生方の応援に行ってきました。

山都:大会


2段昇段のTさんは見事合格。
名人戦は残念ながら先生方の入賞はありませんでしたが、大会を見学するだけでもいい勉強になりました。


前日の懇親会で「そば口上」を披露してくださった五十嵐さんが
山都:そば口上
今年の名人に選ばれました。


同行した応援団仲間の差し入れ
あわまんじゅう

柳津・小池菓子舗のあわまんじゅう


“おすすめ喜多方らーめん”“おすすめビジネスホテル”もぜひ。

(2008年3月のお話)

人気ブログランキン グ  へ
03:00  |  蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.26 (Mon)

おすすめビジネスホテル 【会津・喜多方あたり紀行】

今回のおすすめは“支配人の笑顔”と、なんといっても“朝ごはん”であります。

喜多方市内にある喜多方グリーンホテルさん。

室内は(こう言っては申し訳ありませんが)普通のビジネスホテルです。

しかし!しかしです!!

まず驚いてしまうのが、支配人さんの腰の低さ。
いつも笑顔を絶やさず、丁重であり、押し付けがましくなく・・・ここは本当にビジネスホテルなのかしらと思ってしまいます。

同行の方々も「一流ホテル、旅館並みですね~」と感心。

聞けば数年前までは旅館だったというグリーンホテルさん。
その時の真心精神が形態が変わった今でも受け継がれているのだろう。

そして、我々の期待をいい意味で裏切ってくれたのが、翌日の朝ごはんである。
(和定食・洋定食のどちらかを選択。私は和定食)
喜多方:グリーンホテル朝食1

なっ、なんだこの豪華な朝ごはんはっ!

お米は地元会津産の無農薬米を使用。(しかも一人分のおひつには茶碗3杯分くらいは入っている)
野菜も地元の野菜を使ったりとこだわりの朝ごはんなのです。

しかもっ!
喜多方:グリーンホテル朝食

会津の郷土料理“こづゆ”付き。

干し貝柱などで出汁をとり、にんじんやしいたけなどを細かく刻んで醤油味であっさり味付けされてるもの。


しかも、食堂が満席で最後に食事を取った私達に
「お待たせしてしまったんで・・・」と
喜多方:グリーンホテル朝食3

「近くの農家さんからかぼちゃ頂いたんで作ってみたんです。よかったら召し上がってください」
とかぼちゃ豆腐のサービス。


ご飯だって本当はおひつの中身残さず食べたかったけど、さすがにおなかいっぱいで。
(今度はたまご持参で、2杯目は“たまごがけごはん”だ!)


一流といっても建物のゴージャスさ、高級食材ばかりの豪華さばかりで形ばかりのサービスが目立つ昨今。

会津を、喜多方を満喫してほしいという、おもてなしの心に溢れているこの気持ちが一番のサービスではないだろうか。

(2008年3月)






人気ブログランキン グ  へ
02:00  |  そとごはん(外食全般)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.26 (Mon)

おすすめ喜多方らーめん 【会津・喜多方あたり紀行】

以前、喜多方の某酒蔵さんへ伺った際に教えて頂いた『おすすめ喜多方らーめん』2軒

・「食堂なまえ」さん
・「まこと食堂」さん

その時は「まこと」さんがおやすみだったので、「なまえ」さんに行ってきました。
(その時の様子はこちら← 某酒蔵さんって・・・これ見たらわかっちゃいますが(--;))


それから早2年経ちまして・・・
(気がつけば2年経ってました)


念願のまこと食堂さんへ。
喜多方:まこと食堂店先

黒塗りの車まで横付けされ、「一体、どんな人が食べにきてるんだろう」と満席の店内を見渡してみましたが・・・正体はわからず(奥のお席にでもいらっしゃったんでしょう)

お昼時ど真ん中でもない時間帯でもこの賑わい、どんならーめんと遭遇できるのか期待しながら待つこと数分。
喜多方:まこと食堂らーめん

遂に目の前に現れた「まこと食堂」さんのらーめん!!


見た目ギトッとしており「これは、アブラギッシュ系かな」と思いつつスープをすすると、意外とアッサリ。


「まことさんよりなまえさんのほうがサッパリしてるな~」

というお話の通り、なまえさんの方がサッパリしていたと味の記憶がよみがえる。


個人的には、
「なまえ」さんは朝ラーや、酒〆ラーに。
「まこと」さんは昼ラーや、夜ラーに。


結局、どちらも美味しかったというわけです。


(2008年3月のお話)
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : ラーメン - ジャンル : グルメ

01:00  |  そとごはん(外食全般)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.22 (Thu)

緊急開催!はちみつテイスティング

当ブログでたびたび登場する、澤谷養蜂園(従姉妹の嫁ぎ先)のハチミツ。


いろんなありがたいご縁がありまして、私の仕事とも間接的にですが関係するようになり先日、取材(従姉妹ブログ5月17日参照)撮影に行ってくださったカメラマンさんが

「おみやげに頂いてきましたよ~」

といって、3種類のハチミツを事務所に届けてくださいました。

080522はちみつ01


「菜の花」と「とち」と「うつぎ」の『下北はちみつセット』

『下北』と言っても、『下北沢』じゃないですよ~。
『下北』と言ったら、『下北半島』ですよ~。

080522はちみつ説明書

(また、こんな可愛らしい説明書ついてるんだもの。同じ親戚とは思えない、この女性らしさと心配り。)

で、3種類のハチミツを同時に味わうなんて、はちみつ屋やおじゃ宅でないと試す機会もないなんてことで、急遽事務所ではちみつ味比べを開催~♪ドンドンドン、パフパフ

たかがハチミツ
されどハチミツ

明らかに違う味わいと香り。機会がありましたら一度お試しを。


同時開催:菜の花焼酎の味見(時刻は平日真っ昼間です)


(以下、説明書より)
菜の花はちみつ
<横浜町産>
◇採取時期:5月上旬~下旬
◇香り:濃い香り
◇味:コクのある味
◇特徴:ブドウ糖が多く含まれる蜂蜜。結晶しやすい


とちはちみつ
<奥薬研産>
◇採取時期:6月上旬~下旬
◇香り:控えめな香り
◇味:まろやかで落ち着いたあじわい
◇特徴:蜂蜜らしい蜂蜜の風味


うつぎはちみつ
<横浜町産>
◇採取時期:6月下旬~7月中旬
◇香り:淡い香り
◇味:少し酸味あり。なめらかな口当たり
◇特徴:横浜町の畑の境界にある木に咲く花から採集した珍しい蜂蜜

人気ブログランキン グ  へ

テーマ : お勧めお取り寄せ商品 - ジャンル : グルメ

23:14  |  たべもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.22 (Thu)

初!手タレ

先日開催された長野の酒メッセで、信濃鶴さんブログの“手タレ”となりまして・・・

初!“手タレ”です。

専務取締役杜氏のブログ
専務取締役の純米酒ブログ


ブログには12枚の手タレ写真が掲載されております。
さぁ~!どの写真が私の“手”か、わかりま~すかっ!

私の手の特徴をご存知の方はすぐにわかると思います。ヒントは○○。

見事正解されても豪華景品はありませんが、最初に当てた方には・・方には?・・・ソバ?

ブログを読んでたら、「これってもしかして、私?」と思われるくだりもありましたが(アハハ 汗)


本題のお酒ですが、純米大吟醸、特別純米、純米と3種試飲させて頂きました。
酒米はお蔵のある駒ヶ根市のお隣、飯島町産の美山錦を使用。

どれも気に入りました。特にいいなと思ったのは、特別純米。
やわらかく広がる旨味、バランスいいなと思いました。

美山錦というと、私のイメージでは“ニッ”って笑ったときに筋肉を使う両頬の内側に渋みというか酸味というか、あまり心地よくない刺激が走り、お店では好んで飲まないのですが(なのになぜ長野の酒メッセにって感じですよね(笑))、そういう心地よくない感はなく、米の旨味を楽しめました。




人気ブログランキン グ  へ
07:20  |  日本酒  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.21 (Wed)

濃厚でジュースィーなオレンジ色した、おいしいもの

広島のアル友さんから、宅急便が届きました。


『大長マンダリン』
大長マンダリン


(以下、同封の説明書きより)

★1915年フロスト博士により育成されました。
(尾張温州×キンダマンダリン)

★開花から収穫まで1年かかります。
(みかんは開花から収穫まで5~7ヶ月)

★越冬をさせ完熟するためネット栽培しています。

★収穫前、5ヶ月間農薬の散布はしていません。

天皇陛下献上

S.52~S.54

大長密柑

--**--**--**--**--**--

1年もかけて栽培した柑橘類を口にするなんて、多分初めてだと思う。

「1年だ!」
「献上品だ!」

などといいながらおもむろに食べ始めた、おじゃ一族。

とーっても、濃厚!。
甘味もあるけど、単に甘いっていうんじゃなくて、みかん(マンダリン)の味がぎゅぎゅーーっと濃縮されている。一房噛むと、ジュゥワァ~とエキス分があふれ出してくる。
口から鼻へと抜ける香りも、存在感をアピールしてくる。

美味い!

もっとちゃんとした画像でUPしたかったんだけど、早くUPさせたくて。
こんな画像でごめんね、アル友さん。

今度もうちょっといい画像撮って、再度UPします。(と思ってます・・・)



送ってくれたアル友さんにも感謝だけど、美味しいマンダリンを一年がかりで作った

☆フルーツアドバイザー☆ 本末研二

にも、感謝。
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : ♪おすすめ♪ - ジャンル : グルメ

23:23  |  たべもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.21 (Wed)

秋田みやげものリスト

秋田県・大潟村の特産品

パンプキンパイ
パンプキンパイ


大潟村産のかぼちゃで作ったかぼちゃあんを、パイ生地で包み込んで焼き上げた『かぼちゃパイ』です。

かぼちゃあんの甘さも控えめで、バターをたっぷり使ったというパイですがギトギトクドクドしておらず、パイ苦手な私でもこのパンプキンパイは食べれてしまいます。


うちの上司も公認のようです。
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

23:00  |  たべもの  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2008.05.21 (Wed)

魅惑のホルモン定食

(3月秋田旅のお話です)

秋田に行く度、食文化の広さ深さに毎度驚かされることばかりですが、今回もまた新たなる発見がありました。

由利本荘方面から秋田へむかう途中の国道(7号線らしい)沿いにある、このお店
080320舘の丸食堂

舘の丸食堂

看板に大きく美味と書いてあるあたり、自信の表れでしょうか。


連れて行ってくださったSさんがまず最初に「あれをみなさい」といって指差した方向をみてみると
080320舘の丸食堂駐車場

駐車場。

ではなく、その看板にズームイン
080320舘の丸食堂駐車場看板

「運転手の皆さん毎日ご苦労様です」

ここはトラックの運転手さんやタクシー運転手さんなど、車でお仕事をされている方がよく使われているそうです。


店内はおっちゃん率の高いインテリア。

壁一面に貼られたメニューには、店主のキャリアの長さを垣間見ることができます。


で、本日のメニューは

ホルモン定食
080320ホルモン定食

680え~ん


この定食、すごいの。
豆腐はやっこに、味噌汁の具にと大活躍!
しかも味噌汁は豚汁。
ごはんはてんこ盛り。
それでこの値段!
しかも

こんなにホルモン入っているんだから汁がこぼれないように深器にすればいいのに、あえて皿。
080320ホルモンアップ

このチャレンジ精神が素晴しい。


素晴しいのその2も発見。
080320舘の丸営業時間


朝5:30から営業!
本当にドライバーの強い見方です。
夜8:00まで営業!
近所の人が鍋もって買いにきてたけど、これこそ日本の食文化といった感じ。
お母さんが急に忙しくなってもダイジョーブ!
舘の丸が20時まで開いてくれるから、「今日はおかず作りたくないのよね」という日にでも急遽でも購入可能なのであります。


しかも、熱い
080320舘の丸ポリシー



人気ブログランキン グ  へ

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

00:57  |  そとごはん(外食全般)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.21 (Wed)

日本酒 のち 日本酒

毎年恒例グランドプリンスホテル赤坂で開催された『長野の酒メッセ』に行ってきまして、今年もいろいろな御蔵さんのお酒を利かせていただきました。

何かで評判になったお酒も、とても小さい造りのお酒、さまざま利いてみました。
酒米はやはり美山錦が多かったですが、ひとごこちも同じようにおおかったですね。
ヨネシロという飯米用だった米を酒米として使っている御蔵さんも数軒みられました。
(少々酸味が高いような感じを受けました)

とある蔵元さんではブログつながりということでこちらが逆に写真を撮られてしまいました。
どんな写真かは・・・


その後は別件、こちらも『日本酒』勉強会。

今日は麹について。その後は利き酒とそのお酒を燗したときの違いについて。
料理との相性等を勉強。


午後3時~午後9時まで、日本酒漬けの6時間。

濃厚



写真を撮ってくれた(専務取締役杜氏の純米酒ブログの信濃鶴さん
人気ブログランキン グ  へ
00:36  |  日本酒  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.18 (Sun)

本日のリクエスト

“上野でワインが飲めるとこ” これがYさんからのリクエスト

「はて~、上野駅近くにそんなお店あるかな~」
ネタが乏しいので考えてもお店は思い浮かばず、とりあえずYさんと合流前に上野駅アトレを物色。
いくつか目ぼしいお店をみつけつつ、Yさんと合流。

Yさんが以前から気になっていたというとあるお店があるというので(しかもアトレ内に)そこにしよーと行って向かったお店は、さっき物色していた時に目ぼしをつけていたお店!!

スペインバル&レストラン バニュルス上野駅店


左がレストラン、右がBarになっており、Barは500円のワンコインで料理が楽しめるということで(レストランのメニューもあり)、なんだか楽しそうなのでBarのカウンターでワイン三昧をすることに。


まずはカヴァから
飲み友さんはワインリスト(片面)制覇を、私はせいぜい2杯を目標にStart。

ワンコインメニューがまた眺めてるだけでもたのしくて、何オーダーしていいか目移りしつつ、とりあえずこんな感じで
080518スペインバル


オリーブ盛り合わせ
豚足と豚耳のトマト煮込み
マッシュルームガーリックオイル
タコの煮込み
パテ
ハモンセラーノ
小エビのガーリックオイル
つくね
フリット
あと・・・なんだっけ

080518いかすみパエリア

あっ、イカ墨のパエリア

そんな感じでワンコイン肴はカウンターに乗り切れないほどに
(教訓:一度にオーダーしてしまうとドドッと出てきてしまうので、オーダーは小出しに)


レストランメニューをみていたら見慣れたお名前が

「吉田豚」

ん?よしだぶた・・・ヴァンピックル!

あとから気づいたのですが(遅い)、このお店はヴァンピックルも経営しているオザミワールドのお店だったんですね~(知らなかった)



で、話はワインになりますが私、ワインほとんどわからないのです。

なので、メニューに書いてる解説から

■La naturee(フランス 赤)
ローヌ産有機栽培シラーを使った、濃くてナチュラルジュースィーな味わい。

■Carchelo jumilla(スペイン 赤)
地中海沿岸にあるフミージャ地方を一躍有名にした立役者が作る、南国育ちらしい骨太でマッチョな味わいのワイン!


シラーは前に飲んでスパイシーな印象がよかったので、それだけで・・・
ジュースィーの“スィー”な表現がすきだったので、それだけで・・・
骨太でマッチョはそのままその言葉が響いたので、それだけで・・・骨太でマッチョ。。

ワインを選びました。。。味はどれもよかったですよん。


さて、Yさんはグラスワインリストの上から順に6杯は飲めたかな?
最後の1杯はタイムオーバーのため(電車時刻)飲めず。
Yさんの飲んだリストは忘れてしまいましたので、参考までにバニュスルのワインリスト


フラッとカウンターで飲めるという気楽さに、ついつい飲みすぎたようで・・・





人気ブログランキン グ  へ

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

23:59  |  そとごはん(外食全般)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.17 (Sat)

薬師寺展

現在、上野・国立博物館で開催されている「国宝 薬師寺展」へ。
薬師寺展


初めて金堂を揃って出た「日光、月光菩薩立像」
しかも光背を外しての展示ということで、360度ぐるりと映し出したとある番組をみて、画面を通じて感じられる立像の質感、迫力を実際にみてみたいと思っていた。


日光、月光菩薩立像は、お顔の高さと同じ位の高さからと、下(立像の足元)から眺めることができ、さまざまな角度から眺めることができる。

でも、下から見上げるアングルが私は一番好きで、その中でも特にお背中にはなんともいえない安心感のようなものを感じるのであります。

罰当たりなようですが、ピトッとそのお背中に貼りついてみたい、そう思ってしまう。
銅製であるのですが、冷たさを感じない。温もりさえ感じてしまう肌感。

そしてなんといっても、大きい。

想像していたよりも高く、見上げ眺めては「ほーっ。」という言葉しかでない。
迫力があります。

この目の前にある立像は飛鳥~奈良時代のもの。(当時の鋳造技術ってすごいですね)
となると、その時代の人々が作っていた立像。
悠久の時を経て、目の前に立ってると思うと、時の重さを感じずにはいられませんでした。


おまけ:
会場内をふと振り返ればさりげなく展示されていた木製の狛犬。
とても魅力的。


国宝薬師寺展


今年、奈良に行きたくなりました。

人気ブログランキン グ  へ
23:59  |  ちょっと話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.17 (Sat)

豪快かつ繊細

ひさびさに潜伏してまいりました。

燗酒とコの字カウンター【井のなか】

なぜか収入のないプー太郎時代のほうが、今よりも足繁く通っており、最近はなかなか行けず・・・


「前菜は用意しておいたよ」と店主・工藤さん
080516前菜

はい!ど~ん!!
豪華な前菜ミラクルワールドはさらに進化しており、お隣のお客さんからは
「何てオーダーしたらこの前菜は食べれるの?」と質問されてしまいました。
(そーいえば、何て言えばいいんだろ・・)

センターにひときわ高くそびえたつ“まぐろ”は口にいれると、トロ~ンととろける食感。

濃厚なまぐろのあとには青菜のおひたしでさっぱりと。

濃淡のコントラスト、アルコールが進まないわけがないっ。

080516姫竹

姫竹だわ~。
コーンのような甘味があり、旬のものを頂くと細胞がワイワイします。

で、今日の1杯目はビール。
肝臓のアルコール分解酵素が少ない私は、その機能を少しでも日本酒のために使おうと、1杯目から日本酒でGO~!なのですが、今日の気分は1杯目ビール。
(今月のdancyu「メンチでビールが俺の幸せ!」をみてしまった影響でしょう)


ここからは前菜をつまみつつ

・扶桑鶴 純米にごり酒(冷)
 ちょいトロンとしていつつ、程よい甘味があり、イガイガ感など感じず、飲みごたえありつつ飲みやすい。
前菜写真一番手前の“ピータン豆腐”によく合います。


・竹泉 純米(燗)
 熱めの燗酒で登頂成功!まぐろでキュッと。
 上あごにほわ~んと広がる旨味。でもって余韻すっきり。でまた飲んで・・・エンドレス

続いて、お刺身
080516刺身

手前から、カツオ、〆さば、きんき、たこ

またこのキンキがね、脂のってて美味いんだわ。

・竹泉 純米(常温)
 一緒に行ったライターさんのリクエスト
 「さっきのお燗酒を常温で」
 こちらの方が舌の上でいろんな味わいがグルグルとめまぐるしく現れ、これはまた楽しい味わい。


アクアパッツア~
080516アクアパッツァ

キンキのアラやら、鮭のハラスやらが、オリーブオイルと一体となって、舞い上がります~。


秋鹿 純米大吟醸(燗)
080516秋鹿

この温度がまた微妙で。
単にぬるいというんではなく、人肌よりも若干低め。だけど常温でもなく。
繊細さが見え隠れするようなチラリズムを感じました。

この温度帯、自分ではなかなか到達できなさそう。

旨っ。

美味さ+アルコール許容量をオーバーしたため、ここでノックアウトです。


〆にやはり進化した「メロンパンアイス」で息を吹き返し、帰路につくのでありました。
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

01:53  |  そとごはん(外食全般)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.15 (Thu)

秋田でイタリアンといえば

ムッシュ鈴木

秋田でイタリアンの草分け的存在として知られる「ムッシュ鈴木」でランチです。

一緒に行った方がマスターのお知り合いということで、スペシャルディッシュにしていただきました。

ムッシュ鈴木のハンバーグスパ1

ハンバーグナポリタ~ン

ハンバーグだけ味わうもよし
ナポリタンだけ味わうもよし
ダブルで味わうもよし

おぉ~~~~~ 最高っ。

ハンバーグとナポリタンは別皿だったらしいのですが、この2つを合体!

夢のようなスペシャルディッシュの完成です。

ムッシュ鈴木のハンバーグスパ2


人気ブログランキン グ  へ

テーマ : こんな店に行ってきました - ジャンル : グルメ

19:00  |  そとごはん(外食全般)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.14 (Wed)

このネーミングは

田舎から送られてきた荷物にはあざみのほかに、どちらがメインだかわからない量のホタテ貝柱(60個・冷凍)や、乾物がゴッソリ入っていた。

その中でも、商品のネーミングでひときわ目立つ存在だったのが、これ。

鮭とばイチロー


鮭とばイチロー

「鮭とば」は皮ごと干した鮭(詳細はWikipedia参照)です。


「鮭とば」の「とば」は鳥羽一郎さんの「鳥羽」
その鳥羽一郎さんの「一郎」をメジャーリーガーの「イチロー」にかけたのだと思うのですが(明らかに)


・・・どっ、どうでしょ。


「このネーミングってぇ(笑)」
といいながら、私の中で忘れることのできない商品名になっていることは、事実です。

FC2ブログランキング→→FC2 Blog Ranking

人気ブログランキン グ  へ
01:00  |  ちょっと話  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.12 (Mon)

クイズ 『山菜だよッ』

第一問:これは何でしょう。
あざみの茎


正解:
『あざみの茎』の炒め煮 でした

先日食べたあざみは葉っぱの部分。

これは茎の部分を下茹でし、蕗のように筋を取ったものを炒め煮にしました。

水煮にしたあざみの茎を、ごま油でさっと炒め、水、酒、だし醤油(少量)、砂糖(隠し味程度)をいれ少し煮ます。煮汁が少なくなってきたところで最後に醤油で味を整えて出来上がり。

蕗よりもやややわらかい食感で蕗よりクセがなく、食べやすいです。



第二問:これはわらび?それともぜんまい?(みづらいですね)
わらび


正解:
『わらび』

わらびとぜんまい、断面でも見分けられます。

わらびは断面が点点点点という模様に対し、ぜんまいは渦巻き模様なのです。

断面見ずとも見分けられるとおっしゃるかもしれませんが、こんな違いも楽しんでみてくださいませ。


人気ブログランキン グ  へ

テーマ : 山菜料理 - ジャンル : グルメ

23:25  |  うちごはん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.11 (Sun)

母の日

我が家の『母の日』のプレゼントは

小桜のかりんとう


浅草・『小桜』のかりんとう


母の日につきもののカーネーション、我が家にはありません。

花より「かりんとう」
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

23:43  |  お持ち帰り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.11 (Sun)

年に一度の

島根県出雲【十旭日】旭日酒造さんの年に一度の試飲販売会inにほんばし島根館に行ってきました。

今年も蔵っ子さん、蔵っ娘さんのご夫婦にお会いできて嬉しいです。

十旭日


さて、この試飲販売会では“何か”が起こるんです。

1回目の時知り合った『日本酒大好きさん』。
店先での立ち話で終わりとならず、以降飲み友になり現在も飲み友中であります。

今回はイタリアから一時帰国した友人を連れて行きました。
最近、日本酒の美味しさを再発見したと言っていましたが、お燗の魅力はまだ未知の世界。

そんな友人にお燗した日本酒をすすめたところ・・・

そりゃー、もぉ!
「目を丸くする」という表現を久々にライプでみることができました。

キョロっとした目がさらに大きくなり、驚くやら感心するやら。
その表情はすっかり“イタリア人” ブラ~ボッ!


このお燗の温度を覚えて来週、イタリアに戻ったら早速まわりのイタリアの方達にこの美味しさを教えたいと言っておりました。


蔵っ娘さんともお話していたのですが、これなんです。
酒弱いのに日本酒好き人間の私でもできる小さな「日本酒推進運動」

ヒーローもののように変身する日本酒の魅力。
フルーツ系からどっぷり米の味凝縮系まで幅広いバリエーションの豊富さ など

そんな日本酒の魅力を身近な友人1人にでも知ってもらえることができたこと、これが嬉しい。

今日一番の友人の笑顔。忘れられないですね。


この笑顔がイタリアでも広がったら・・・
なんか妄想だけで楽しく酔っ払ってきましたよ~、はい。



人気ブログランキン グ  へ

テーマ : 日本酒 - ジャンル : グルメ

23:26  |  日本酒  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.11 (Sun)

銀座でちゃいにーず

イタリアから一時帰国している友人と久々にランチでもということで、銀座へ。

こうやってゆっくり食事をするのは、初めてなのでどこに行こうかと思案した結果・・

「美肌効果」があるという殺し文句で有名な“ふかひれ”を食べよう~ということで、お手頃なふかひれランチがあるというお店に向かったのですが・・・なんと定休日。


しかし、二人の脳内はすでに“中華モード”

中華以外に考えられなかったのです。


どこに行こう・・・


ふと目の前に現れたお店。

過門香

吸い込まれるように店内にむかう二人。フラフラ~・・・


どこか扉かわからないような自動ドアが厳かに開いた瞬間、目に飛び込んできたものがコチラ

過門香


ジャーーン
中国4千年の歴史というのかしら、 脳内に響くドラの音(実際には鳴ってないです)

室内装飾にあっけにとられる二人。


そんなゴージャス店内で頂いた
前菜

前菜六種盛り

黒チャーハン

特製黒チャーハン

ふかひれ丼

やっぱり ふかひれ丼

照明がムーディーだったので、画像がこんな怪しいライティングになってしまいましたが


銀座でひと時、異次元空間に迷い込んだランチタイムでした。
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : 今日の食事 - ジャンル : グルメ

22:56  |  そとごはん(外食全般)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.09 (Fri)

いつもの蕎麦屋にて

勤務先近くの蕎麦屋です。


事務所出たのが、午後10時。
蕎麦屋の釜の火を落とすのも、午後10時。
ギリギリ間に合うか!

電話で確認するとギリギリセーフ

雨の中スタタタ~と一路、蕎麦屋へ。


で、カウンターに「飲め」とばかりに並べられる日本酒瓶を眺めて、飲まないで帰るほど生殺しな目はない、ということでほんの一合だけ。

香の泉 特別純米無濾過 玉栄
香の泉


香の泉スペック

冷やで頂きました。

ほんわかとした甘味がやわらかく口に広がって、フゥワァ~としてると シュパッ切れ味するどく。
(秋田県のある銘柄に似たような香りがあるね~ by店主と私、同意見。)
うたたねをしてたらハッと目が覚めた、そんな感じ。

このフゥワァ~に合わせてレバーの甘辛煮。


いや、実に美味。


鶏せいろ

しめの蕎麦は 裏メニュー

鶏せいろ

冷たいお蕎麦をアツアツのつゆにつけていただく、つけめんです。
ちょっと甘めのつゆと鶏の相性バツグン!

このつゆ飲みながら、お酒飲めます。
いい肴になります。
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : うどん・そば - ジャンル : グルメ

23:59  |  蕎麦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.09 (Fri)

庄之助のいも羊羹

前回はさくら軍配まんじゅうをご紹介した庄之助和菓子店

本日の和菓子はこちら
いもようかん

いもようかん

明日からイタリアに行く上司が、出国前にと事務所のみんなに3時のおやつをご馳走してくれるということで、おやつを選ぶことに。


滅多にいもようかんは食べません、私。
もしかするとこのいもようかんが人生で2度目位かもしれません。

が、辛口だけどちゃんとしたことをおっしゃる若ご主人の

「うちのはオリジナルだから」

の一言で、揺らぐことなくいもようかんを選択。


事務所でさっそく おやつタイム。


超~和菓子ってかんじではないのです。

7割和菓子
3割スイートポテト(いわゆる洋菓子)
といった感じ。

だからといってしつこさはなく、妙にネットリということもない。


いもようかん、おいしいじゃない~。

いもようかんの見方がかわり始めた今日この頃です。
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

23:59  |  お持ち帰り  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.08 (Thu)

“うつぎ”のはちみつ

従姉妹のブログによれば、昨年デビューした商品
“うつぎ”のはちみつ
うつぎのはちみつ

我が家では今春、デビューです。

毎朝のいちご牛乳(いちごミルク)に欠かすことの出来ないはちみつです。


まずはストレートで“うつぎ”はちみつを試食。

“暖”というイメージの濃厚なアカシアの味わいとも
“爽”というイメージの菜の花“生”はちみつの味わいとも違う、

フローラルな感じ。
ライトな感じでありながら、口から鼻にぬけるフルーティーというよりもフローラルな印象が広がります。


日本酒で例えるなら。。。(なぜ、ここで日本酒)

アカシアが純米酒(やや熟成)
菜の花“生”が活性にごり(米味ライト系)であるならば、
うつぎは吟醸~大吟醸といった感じでしょうか。

私としてはこのたとえが一番例えやすかったもので。。。


もちろん、いちご牛乳(いちごミルク)にも合いますよ。


次はどんなハチミツがあじわえるのか、たのしみです。
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : お勧めお取り寄せ商品 - ジャンル : グルメ

00:04  |  スローフード  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2008.05.07 (Wed)

『あざみ』は食べ物です!

この時期になると毎年書くネタがこちら

あざみ5

『あざみ』の炒め煮のこと。


「あざみって食べるの?」と聞かれるのですが、食べるのです。

母の田舎(青森)ではこの季節、あざみを採って食べるのです。

(去年の様子)


で、今年は作り方をご紹介します。


[1]
あざみを下茹でします

[2]
鍋にごま油を入れ、下茹でしたあざみを炒めます。
(一緒に煮る魚が『あぶらかれい』の場合は、かれいに脂があるので、ごま油は省きます)

ごま油が全体にまわったら、ヒタヒタよりちょい少なめに水を入れます。
あざみ1

そこに砂糖大さじ1/2 だし醤油を少しうっすら味がつくかつかないか程度入れます。

[3]
そして
あざみ2あぶらかれい

あぶらかれい投入!

あぶらかれいは田舎のスーパーですでに焼かれて売られていますが、関東ではなかなか見かけません。

その場合は、我が家の常備食『さばの水煮』缶を入れます。

あざみ3

こんな感じで、鍋のセンターにセットします。

このままグツグツ

あざみの色があざやかじゃなくなるまで
あざみ4火加減

このくらいの火加減で煮ていきます。

水気はすこし残してくださいね。

水気がなくなる前に最後に醤油で味を調えてできあがりです。

あざみ5



食べてみたい方。
まずはアザミを手に入れてください。
人気ブログランキン グ  へ

テーマ : +おうちでごはん+ - ジャンル : グルメ

23:26  |  うちごはん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。