1. ・・
2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキン グ  へ
--:--  |  スポンサー広告

2010.12.23 (Thu)

今回のテーマは 「山梨のワイン」! ~ワークショップ受付開始です~

2月の東京ガススローフードワークショップの募集受付が開始されました!


今回は山梨のワインをテーマに、キッチンランド世田谷さんをお借りして開催いたします。

カベルネ

講師には山梨ワインの重鎮、グレイスワインでお馴染みの中央葡萄酒のオーナー、三澤氏を講師にお招きして山梨のワインについてお話を伺います。実習ではワインに合うメニューとワインを使ったメニューも。


ワークショップの詳しい内容やお申込はコチラ↓をクリック

東京ガススローフードワークショップ
『山梨のワインを学ぶ』 ~風土と人が生み出す大地の味~


ワイン




人気ブログランキン グ  へ
スポンサーサイト
03:10  |  スローフード  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.12.23 (Thu)

農薬をつかわない国産レモン 到着!


「今年はすこしキレイで」とお手紙が添えられて届いたのは、神奈川県・片浦で栽培されている農薬を使わないレモン

2010片浦レモン

ホントだ!キレイだ!

(よく「無農薬」と表示されたり私たちも言ってしまいがちですが、無農薬というのは有機JAS認定未取得の場合表記できないそうなので当ブログでは「農薬をつかわないレモン」と書いてます。)

農薬を使わなかったり、低農薬の場合、皮に黒い斑点や写真の一部レモンについてる傷がついてしまうのですが、これはレモンの枝のとげが風などで実にあたったところがこうなったりするそうなのです。

そう!レモンの枝にはとげがあるんです。

レモンの花はレモン色ではなくうす紫色してるんです。

そしてレモンの葉をこすり合わせると、ちゃんとレモンの香りがするんです。

実際に栽培されている様子や木をみなければ知らないことが多いということを知らされます。

これはレモンの販売を代行しているNPO神奈川県消費者の会連絡会が、レモン発送時に毎回栽培の様子や今年の出来を記載したレモン便りを一緒に送ってくださるおかげで知ることができました。


こうしたやりとりがあり、自分もレモンのことを少しでも知ることができたので、ひとりでも多くの方にちゃんとした美味しいレモンを知ってもらえたらと思い、4月の東京ガススローフードワークショップのテーマ食材に取り上げていただき、生産者さんを講師にワークショップを開催することができました。

箱を開けたとたん、レモンのすがすがしい香りが鼻に届きました。

今シーズンも毎日ジュースにしてたのしみます。



(片浦レモンについてはこちらまで → NPO神奈川県消費者の会連絡会(月・木のみ)TEL/FAX 045-662-2405)




人気ブログランキン グ  へ
01:27  |  スローフード  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.12.14 (Tue)

2010年最後のワークショップは

埼玉県にある埼玉種畜牧場(サイボクハム)の豚肉(スーパーゴールデンポーク)のワークショップでした。

豚肉WS

講師のサイボクハム顧問・兵頭先生は以前、東京都の畜産試験場にいらした通称・ブタ博士。
あのブランド豚で有名なTOKYOエックスの生みの親である、すごく偉い先生なのです。

そうとも知らず今回の講師をお願いしてしまった、私。

しかし先生は快くお引受けくださって、いつも超専門的な研究などをされているにもかかわらず、私たち生活者が理解しやすくお話をしてくださいました。

2010年のワークショップはこの豚肉でおしまい。

年明け1月は千葉で地元の私市醸造さんをお招きしての「お酢」ワークショップ。
2月は世田谷で山梨・中央葡萄酒さんをお招きして「ワイン」。
3月は湘南で熊澤酒造さんをお招きして「日本酒と酒粕」を使って発酵についてと
葛飾で以前大好評だった若き生産者古庄さんの「トマト」のワークショップといった感じです。

1月分は申込締め切りなったようですが2月分はこれから受付となります。詳細や参加申込は下記サイトから↓。
東京ガススローフードワークショップ




人気ブログランキン グ  へ
22:03  |  スローフード  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.12.01 (Wed)

スローフードセントラル東京 再始動

私が所属している ”スローフードセントラルイースト東京”が”スローフードセントラル東京”として再始動することとなり、本日はそのパーティー。

土鍋会

西麻布の”草ふえ”さんを貸しきっての前割り焼酎と、水の違いで炊き比べた新米の食べ比べを中心に、草ふえさんの美味しいお料理が取り揃いました。


草ふえさんのウリはお水にこだわった前割り焼酎

前割り焼酎って?
焼酎をお水で割って1日~2日置いたもののこと。
割ってから時間をかけて休ませると、水と焼酎がいい感じになじんでとてもまろやかで美味しくなるというもの。
実は焼酎苦手なのですが、実際のんでみるとあら不思議!まろ~んとなじんで尖ったところがなくて・・・くやしいけど・・・おかわり。


さらに今回は水にこだわる草ふえさんだからこそ実現した、3種の新米をそれぞれ2種類の水で炊いて食べ比べるという、面白い試みも。

水の違いを味わうのでかなりベロメーターを集中させてみないことにはあきらかな違いがわからないのだが、うん、丸みを帯びた感じのものもあれば、ミネラルの多さを感じさせるご飯もあり、これは面白い“実験”となりました。


こうして再始動したスローフードセントラル東京。
モットーは楽しく美味しく食べようといった感じ。

確かに。
身体に良いものでも美味しくなけりゃ続かないし、
難しいことばかり並べても楽しくない。


12月はスローフードだってお肉アリでしょ。ということで野生肉を食べる会らしいけど・・・
日程があわずに行かれない(T_T)

食べたいよ~ジビエ。




人気ブログランキン グ  へ

タグ : 草ふえ 新米 前割り焼酎 スローフード

00:48  |  スローフード  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.08.11 (Wed)

【こちらも締切迫るっ】 地ビールを極める 常陸野ネストビール

9月はKL石神井の栃木県産小麦ワークショップと、5日にKL足立で開催される地ビールを極める~味わいの違いによる料理との相性~、2つのワークショップを開催します。

地ビールの試作は来週。試作・試食は業務ですから、はい。

テーマ食材の地ビールは、国内外で高い評価を得ている茨城県・木内酒造の「常陸野ネストビール」。
座学の講師は実際にネストビールを造りだしているBrewerの谷さんをお招きし、お話を伺います。

ブルワリー内


実習・試食のメニューはインストラクターさん考案の
☆トウモロコシのビールライス
☆スペアリブのビール風味
☆ビアチーズフォンデュのココット仕立て
☆アップルパナッシェゼリー

と、ビールに合わせたメニューだけでなくビールを使ったメニューもあり、どんなお料理になるのか、またビールとの相性はと、興味深いです。


こちらの申込締切も石神井同様、8月15日マデ

お申込はコチラ↓から。

地ビールを極める~味わいの違いによる料理との相性~


ワークショップのメインは生産者さんのお話と、ガスで作るビールを使ったメニューの実習です。

地ビールの試飲は、お料理との相性を確かめて頂ける、酔われてしまわない程度の量になります。
お車・バイク・自転車を運転の方、妊娠中や授乳期の方へはビールをご提供できません。飲酒運転は法律で禁止されています。

ご理解ご協力の程宜しくお願い致しますm(_ _)m


人気ブログランキン グ  へ
04:37  |  スローフード  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。